News お知らせ・イベント情報

2021.09.03

【満員御礼】お申し込みの受付は締め切りました【2021/09/16(木)開催】元国税局情報技術専門官 袖山税理士による令和3年度電帳法改正の決定版詳細解説

袖山 喜久造 氏

袖山先生_photo

 

 

 

SKJ総合税理士事務所 所長・税理士

令和3年度改正となった電子帳簿保存法の概要や制度の留意点について国税局調査部にて長年にわたり大規模法人の法人税調査を担当され、情報技術専門官として電子帳簿保存法審査・相談の経験も豊富な袖山喜久造税理士により、詳しく解説していただきます。

ウェビナー概要

令和3年度の税制改正では、従来の電子帳簿保存法が大幅に改正され、202211日から施行されます。
デジタル化しやすいさまざまな規制緩和が盛込まれた半面、電子取引の書面保存の廃止については、どの青色申告法人にも影響する重大な改正となりました。

改正については、この7月に国税庁のホームページに「電子帳簿保存法取扱通達(趣旨説明)」や「電子帳簿保存法Q&A(一問一答)」が掲載され、具体的な内容が明確化されました。

そこで、本セミナーでは元国税局情報技術専門官の袖山税理士をお招きし、改正電帳法の対応を検討される企業様に向け、改正要件に対しての留意点や関心が高い分野について、決定版として解説していただきます。

また、同法対応に活用できる弊社の製品 統合電子帳票基盤「Paples(パピレス)」と電子契約・電子取引サービス「DocYou(ドックユー)」の具体的な導入事例も合わせてご紹介します。

オススメポイント

袖山先生が皆様からのご質問に回答します
Zoom機能Q&Aによりご質問に対する回答を時間の許す限り実施いたします。
また、アンケートに質問欄を設けますので、いただきましたご質問につきましては後日回答いたします。

開催場所

オンライン(Zoom)

参加費

無料

開催日程

2021年9月16日(木)14:00~17:00

プログラム

14:00~14:05

ご挨拶

14:05~15:30

専門家が詳説!令和3年度電子帳簿保存法改正について(決定版)

15:30~15:40

休憩

15:40~16:20

当社コンサルタントが解説!改正の対応ポイントと要件への対応方法

16:20~16:35

改正対応の事例ご紹介!Paples(パピレス)とDocYou(ドックユー)

16:35~16:40

休憩

16:40~17:00

袖山税理士による質問回答、またアンケートによる質問受付(後日回答)

多数のお申し込みありがとうございました。

※ウェビナーの注意事項等はこちらからご確認ください。

※セミナーの詳細な案内状はこちらからダウンロード可能です。

お申し込みいただいた皆様には9/13(月)に参加のためのご案内をお送りいたします。お待ちください。

統合電子帳票基盤「Paples(パピレス)」と電子帳簿保存法対応コンサルティングサービス

統合電子帳票基盤「Paples(パピレス)」は、様々なシステムから出力される帳票を電子保存し、文書ファイルや基幹・業務システムの明細データとともに一元管理し、各種税制改正にも柔軟に対応できる電子帳票システムです。
Paplesver5.2)はJIIMA(公益社団法人日本文書情報マネジメント協会)による認証を受けています。

NHSでは、300件を超えるコンサルティングおよび対応サポート実績をもとに、Paplesをご導入いただいたお客様に対し、NHSの専門コンサルタントが提携税理士と連携し、お客様の電子帳簿保存法対応をサポートしております。

電子帳簿保存法対応 個別相談会 2021

 

  •  

お知らせ・イベント情報一覧へ戻る